はじめに

 

会長あいさつ

ランモード群馬のホームページをご覧頂きありがとうございます。
会長の向田実です。
歴史あるランモードの先輩方に恥じぬよう、2年間務めさせていただきます。皆さんご協力おねがいします。
ランモード群馬は1997年に弱視者が全盲者を伴走するという、涙ぐましい努力から始まっています。それから協力してくださる伴走者が徐々に増え、いつしかこんな立派な会になりました。伴走者の方にはいつも感謝しきれません。
私は中途失明者の全盲ですが、中学まで野球部だったり、リレーの選手だったりと走るのは得意な方だと思っていました。
ところが初めてランモードの練習会に誘われた時、たったの数百メートル走るのがやっとでした。運動不足を痛感しました。
それから皆さんと走れる喜びを知り、大会にも出るようになりました。
障害のある方、一歩前に踏み出しましょう。
ここには素晴らしい仲間が待っています。

 

活動内容

この会は 視覚障害者と視覚障害者を支援する人のサークルです。
視覚に傷害をもった人が 社会の一員として、一歩外に出る勇気を持ち、風を感じ、音を聞き、体を動かせたらいいと思い、立ち上げられた会です。
それには 一緒に走ってくれる伴走者が必要です。
伴走とは、ペアを組んだときから帰るまでが伴走といいます。
伴走は陰ともいいます。
私たち視覚障害者は なかなか 自分からは 声がかけられないときがあります。そんな時、 例えば 「〇〇さん、××です」と 話かけていただけたらありがたいです。
練習会の数時間を私たちのために使っていただき、伴走者の方と、この気持ちよさを共有し、きずなを深める事が出来れば最高です。
視覚障害者や周りの方々に声をかけ 伴走者共々、楽しく走ったり歩いたりしていけたら良いとおもってます。
ほわっとした わきあいあいとした 会ですので 気軽に連絡してみて下さい。
走れなくも、送迎やエイド係など やって下さる方もお待ちしてます。
よろしくお願いいたします。